永遠の0

 先日、2回目を見た。
先に原作を読んでとても印象深かったこともあり、1回目を見たときは自分の描いていたイメージと比べて見てしまった。
周りで涙をぬぐう人々が多い中、ここの場面はこんな風になったのか、次はこうだったか、などと考えてしまって、本来の映画そのものを見ていなかった。
 が、今回は、映画そのものをじっくり見ることができた。
井崎、景浦、武田、長谷川、そして賢一郎。
戦争を生き残って当時の様子を語る彼らから、怒り、悲しみ、無念さが痛いほど感じられた。
「生きる」という言葉の重さがずしりと胸に響いた。
「この(つらい)体験は、私だけじゃない。多くの人が胸の中にたくさんの物語を抱えている。その物語を後の時代の人につながなければいけない。」
 戦争を生きて、生き抜いてきた人が今の日本を作っている。
そんな当たり前のことを改めて思う。
 私にとっては映画を見たり、本を読んだり、そんな形でしか戦争を知ることはできないけれど、物語は子供たちにしっかりつないでいかなければと思う。
 
 私の祖父は戦地に送られることはなかったと聞いている。しかし、あの時代を生きた人だ。
きっと彼らのような物語を持っていたに違いない。
今、生きていてくれたら…、
会えないのがとても残念だ。
今度、帰省したら、祖父とともに戦争を生き抜いた祖母の物語を聞かせてもらおう、と強く思った。
 
「戦争が終わったら日本はどうなっているのでしょうね」
このシーンが忘れられない。
 

この記事へのコメント